2019-08-18 05:42
お気に入りに登録
 

Home >> 全体記事
 
厚板の生産量と販売量が7月に回復
6月の大幅な減少以降の回復が予想
値上げを控えた仮需要が関心事


2019-08-14


7月に厚板の生産量と販売量が前月比と前年同月比増加した。

本紙の調査によると、厚板メーカー3社(ポスコ、現代製鉄、東国製鋼)の7月の販売量が81万7000トンで前月比7.8%、前年同月比6.9%増加した。このうち国内販売量は62万4000トンで前月比5.1%、前年同月比5.8%がそれぞれ増加して、輸出量も19万3000トンで前月比で17.7%、前年同月比10.9%がそれぞれ増加した。

これで1−7月の販売量も565万3000トンで前年同期比4.6%増加した。このうち国内販売量は433万6000トンで前年同期比17.7%増加して、全体の販売増加を導いた。しかし、輸出量は131万7000トンで前年同期比1.9%減少した。

業界は厚板の生産量が前年比増加しているが、需要が楽観できないと指摘している。造船景気が回復しているが、輸入量の増加と流通向け販売不振で、生産と販売増加に限りがあると予想している。

[Korea Steel News]


「KOREA STEEL NEWS」に掲載の記事の無断転載を禁じます。すべての著作権はKOREA STEEL NEW社に帰属します。


区分
工場置
き場
流通価格
輸入流通

熱延
1060
720
670

厚板
1060
720
660

鉄筋
705
680
645

H形鋼
900
820
770

STS CR
0
2800
2400

* 首都圏1次流通、持ち込み基準ウォン/kg

* 単位:USD/MT



  Copyright(c) 2004 by KoreaSteelNews Co.,Ltd. All right reserved.
Contact webmaster@koreasteelnews.com for more information. / Tel: +82-10-7419-5259 / Fax: +82-2-716-9352