2019-09-23 20:12
お気に入りに登録
 

Home >> 全体記事
 
現代製鉄の日本産鉄スクラップの契約が好調


2019-09-11


現代製鉄の先週の日本産鉄スクラップの契約量が4万トンを上回ったと知られている。ビッド価格の引き下げにもかかわらず、契約量が通常の水準であったことである。

現代製鉄がビッド価格を予想より大きいトン当たり1000円を引き下げた。サプライヤーの抵抗が予想されたが、契約量が4万トンを超えた。同社は8月末にトン当たり2万7000円のビッドで7万トン以上を契約して、トン当たり2万6000円のビッドで4万トン以上を契約した。この2週間で11万トン以上を契約したことである。これは日本の供給過剰が相当であるということの反証であると見られる。

ある業界筋は「最近の入札で一部価格抵抗があったが、日本の市場価格がまだ底を打っていないことを確認した。契約価格がさらに下落する可能性があると見られる」と述べた。

[Korea Steel News]


「KOREA STEEL NEWS」に掲載の記事の無断転載を禁じます。すべての著作権はKOREA STEEL NEW社に帰属します。


区分
工場置
き場
流通価格
輸入流通

熱延
1060
730
670

厚板
1060
730
660

鉄筋
710
655
630

H形鋼
900
780
730

STS CR
0
2950
2500

* 首都圏1次流通、持ち込み基準ウォン/kg

* 単位:USD/MT



  Copyright(c) 2004 by KoreaSteelNews Co.,Ltd. All right reserved.
Contact webmaster@koreasteelnews.com for more information. / Tel: +82-10-7419-5259 / Fax: +82-2-716-9352