2019-11-16 03:06
お気に入りに登録
 

Home >> 全体記事
 
11月の鉄筋の販売目標が89万トン


2019-11-08


下半期の最需要期である11月が始まった。需要が停滞している中で、底になった鉄筋の流通価格がどのくらい回復するかが今月の関心事である。

メーカーのリストト価格が市場に浸透するか

大手メーカーが11月の鉄筋のリスト価格を明らかにした。リスト価格と流通価格の差が大きく、リスト価格の意味がない状況で、メーカーが流通向けリスト価格をトン当たり62万ウォンにすると明らかにしたことである。一部中堅メーカーがこれと同じ価格を出した、需要家は見守り姿勢を示している。しかし、流通企業は値上げを行っていない。

電炉メーカーも値上げの浸透について懸念している。ある電炉メーカーの関係者は「10月の販売目標に無理があって、11月の販売目標である89万トンも無理がある」とし「販売量を増やすためには生産量を増やさなければならなく、値上げが容易でない」と述べた。

電炉メーカー7社の11月の鉄筋の販売目標が89万トンであると推定される。これは10月の販売量の83万6000トンに比べ5-6万トンが多いことである。減産を行って、在庫を減らしたが、最需要期である現在の在庫が20万トン台後半-30万トン台前半で多い。在庫と価格の相関関係を考えると、さらなる減産が必要であると見られる。

流通市場に正確なシグナルを与えることも重要である。メーカーがリスト価格を明らかにしたが、決定的なシグナルでない。ある流通業界筋は「メーカーが合理的なマージンを確保するための措置であることを流通企業に説得して、リスト価格を市場に浸透させるための断固な措置が必要である」と述べた。

鉄筋の市況に11月の需要が最大の変数になると見られる。10月能力販売が予想外の好調であったが、11月にはこの2-3年の水準である90万トンが期待し難い。10月に既契約分である加工向け出荷量が多く、新規受注が少なかった。11月の89万トンの販売計画の弾力的な運営が必要である。

年末に建設現場の需要が増加する可能性がある。価格暴落に伴う待機需要も考慮しなければならない。11月の需要が10月と横ばいまたは小幅増加になると予想される。

[Korea Steel News]


「KOREA STEEL NEWS」に掲載の記事の無断転載を禁じます。すべての著作権はKOREA STEEL NEW社に帰属します。


区分
工場置
き場
流通価格
輸入流通

熱延
1060
690
620

厚板
1060
690
610

鉄筋
670
605
575

H形鋼
900
740
690

STS CR
0
2950
2450

* 首都圏1次流通、持ち込み基準ウォン/kg

* 単位:USD/MT



  Copyright(c) 2004 by KoreaSteelNews Co.,Ltd. All right reserved.
Contact webmaster@koreasteelnews.com for more information. / Tel: +82-10-7419-5259 / Fax: +82-2-716-9352