2020-07-12 22:33
お気に入りに登録
 

Home >> 全体記事
 
現代製鉄の第3四半期の鉄筋のリスト価格が66万ウォン
鉄スクラップ価格の高騰でリスト価格引き下げ要因が相殺
7月の販価を1万ウォン引き上げ


2020-06-30


業界の予想通りに、第3四半期の鉄筋のリスト価格と7月の販価が同じになった。

現代製鉄が第3四半期の鉄筋のリスト価格と7月の建設向け販売をトン当たり66万ウォンと策定した。これで1万ウォンの割引が適用される7月の流通向け販価はトン当たり65万ウォンになる。

第3四半期のリスト価格が前期比3000ウォン下落して、7月の建設向け販価は前月比1万ウォンが上昇する。

第3四半期のリスト価格は4月中旬までの鉄スクラップ価格の下落で引き下げ要因があったが、新型コロナウイルスによる発生量の減少で国内外の鉄スクラップ価格が高騰して、これがほとんど相殺された。

7月の販価は鉄スクラップ価格に連動される四半期基のリスト価格と異なって、固定費と人件費、原料費の上昇を反映した結果であると解釈される。

現代製鉄は暗黙的な販価の上限である四半期のリスト価格を意識して、7月の販価をトン当たり1万ウォン引き上げたが、これが難しい決定であったと業界は見ている。最近に製造原価が大幅に上昇したためである。

鉄スクラップ価格が4月中旬に比べトン当たり約7万ウォン上昇して、夏期の電気代の上昇と減産による固定費の上昇などを考えると、製造原価がトン当たり8万ウォン以上上昇したと把握される。

一方、四半期のリスト価格と月間販価が同じになったことは初めてのことである。業界ではこれについて、原価上昇要因が多く、近いうち月間販価が鉄スクラップ価格に連動される四半期のリスト価格を上回る可能性があると見ている。

[Korea Steel News]


「KOREA STEEL NEWS」に掲載の記事の無断転載を禁じます。すべての著作権はKOREA STEEL NEW社に帰属します。


区分
工場置
き場
流通価格
輸入流通

熱延
1060
670
600

厚板
1060
660
610

鉄筋
0
650
610

H形鋼
900
750
720

STS CR
0
2600
2200

* 首都圏1次流通、持ち込み基準ウォン/kg

* 単位:USD/MT



  Copyright(c) 2004 by KoreaSteelNews Co.,Ltd. All right reserved.
Contact webmaster@koreasteelnews.com for more information. / Tel: +82-10-7419-5259 / Fax: +82-2-716-9352