2020-02-21 13:58
お気に入りに登録
 

鉄鋼半製品

条鋼類

板材類/鋼管

特殊鋼/線材

原料/スクラップ

その他

Home >>製品別>>その他
現代‧起亜自動車、中国の自動車工場を再稼働
[2020-02-20]
現代‧起亜自動車がしばらく中止された中国の自動車工場の稼動を再開している。 業界によると、現代・起亜自動車は17日から北京工場(北京現代)と鹽城工場(東風悦達起亜)など中国現地工
北米のリグ数が減少
[2020-02-18]
北米のリグ数が減少した。 2月14日現在の米国のリグ数が790基で前週と横ばいであって、カナダのリグ数は前週比2基減の255基であった。これで北米のリグ数は前週比2基減の1045基であった
北米のリグ数が増加
[2020-02-11]
北米のリグ数が増加した。 2月7日現在の米国のリグ数が790基で前週と横ばいであって、カナダのリグ数は前週比10基増の257基であった。これで北米のリグ数は前週比10基増の1047基であった
造船メーカー大手3社、今年の受注目標を16.8%上方修正
[2020-02-07]
現代重工業グループと三星重工業、大宇造船海洋など国内造船メーカー大手3社の今年の受注目標が昨年の受注実績に比べ16.8%増の315億1000万ドルであることが分かった。 昨年の現代重工業グル
北米のリグ数が小幅減少
[2020-02-04]
北米のリグ数が小幅減少した。 1月31日現在の米国のリグ数が790基で前週比4基減少して、カナダのリグ数は3基増の247基であった。これで北米のリグ数は1037基で前週比2基が減少した
昨年の自動車の生産量と販売量が400万台割れ
[2020-02-03]
昨年の国内の自動車の生産量と販売量がすべて400万台割れとなった。 韓国自動車産業協会によると、19年の国内の自動車の生産量が395万614台で前年比1.9%減少して、販売量も394万1149台で前
造船メーカー大手3社、今年の受注目標を上方修正
[2020-01-31]
造船メーカー大手3社が今年の受注目標を前年比増やしたと伝えられているが、厚板メーカーであるポスコ、現代製鉄、東国製鋼の悩みはむしろ深まっている。造船メーカーの受注量が増えても、価格
北米のリグ数が小幅減少
[2020-01-30]
北米のリグ数が小幅減少した。 1月24日現在の米国のリグ数が前週比2基減の794基、カナダのリグ数は前週と横ばいの244基であった。これで北米のリグ数は前週比2基減の1038基であった
日本産鉄スクラップの船賃は?
[2020-01-29]
電炉メーカー間の日本産鉄スクラップの船賃の差があると見られる。 最近に日本のサプライヤーが低硫黄油の使用で、韓国向け船賃をトン当たり3000円前後に要求していると知られている。これ
現代重工業グループ、5隻の船舶を受注
[2020-01-22]
現代重工業グループは21日、石油化学製品運搬船と大型タンカーなど5隻の船舶を受注したと明らかにした。 受注額は2666億ウォンで、現代尾浦造船がパンオーシャンと5万トン級PC線4隻を1574億

区分
工場置
き場
流通価格
輸入流通

熱延
1060
710
640

厚板
1060
710
640

鉄筋
0
590
575

H形鋼
900
760
720

STS CR
0
2750
2300

* 首都圏1次流通、持ち込み基準ウォン/kg

* 単位:USD/MT



  Copyright(c) 2004 by KoreaSteelNews Co.,Ltd. All right reserved.
Contact webmaster@koreasteelnews.com for more information. / Tel: +82-10-7419-5259 / Fax: +82-2-716-9352