2021-04-11 13:57
お気に入りに登録
 

鉄鋼半製品

条鋼類

板材類/鋼管

特殊鋼/線材

原料/スクラップ

その他

Home >>製品別>>条鋼類
一般形鋼の輸入量が通常水準に回復
[2021-03-31]
今月中旬まで不振であった一般形鋼の輸入量が下旬に回復している。 今月1−28日のアングルの輸入量が9602トンであった。これは2月の輸入量である7467トンをすでに超えたことである。平均輸入
東国製鋼、4月から小型平鋼を生産
[2021-03-30]
東国製鋼が一般形鋼の競争力を高めるため、小型製品を生産する計画である。 同社は釜山に位置している新平工場の改修で、F25とF32平鋼を開発したと明らかにした。早ければ今月にテストを終え
鉄筋の生産量と販売量が増加
[2021-03-30]
今年に入って鉄筋の生産量と販売量が増加した。特に、販売量が前年同期比2桁増加した。 韓国鉄鋼協会によると、2月の鉄筋の生産量が62万3180トンで前月比14.4%、前年同月比10.9%がそれぞれ
現代製鉄、鉄筋の販売を8万8000ウォン引き上げ
[2021-03-30]
現代製鉄が第2四半期の鉄筋の販売をトン当たり8万8000ウォン引き上げると明らかにした。これで同社の第2四半期の建設向け販価がトン当たり80万3000ウォンになる。 鉄スクラップの価格高騰に
電炉メーカーの昨年の業績が安定
[2021-03-29]
丸永鉄鋼以外の電炉メーカーの昨年の事業報告書が出た。新型コロナウイルス感染症の拡散にもかかわらず、業績が安定した。現代製鉄と世亜べスチールの収益が悪化して、大半のメーカーの利益が
輸入業界、中国産鉄筋の輸入減少を懸念
[2021-03-29]
輸入業界が鉄筋の輸入減少を懸念している。中国産の輸入が難しくなる可能\性が高いためである。 韓国鉄鋼協会によると、15年から20年まで中国産鉄筋の輸入割合がもっとも高かった。昨年の中
〔焦点〕鉄筋流通業界の第2四半期の業績が改善
[2021-03-26]
多年間の学習効果で、昨年に電炉メーカーの経営方針が変わって、今年には流通業界の販売方針が変わると予\想される。製品の販売で利益を出さないといけないという雰囲気になっていることである
鉄筋の輸入量が増加
[2021-03-26]
3月下旬に入っても鉄筋の輸入量が減っていない。 今月1−21日の鉄筋の輸入量が5万2140トンで前月同期比1万トン以上多かった。これで今月の輸入量が前月の輸入量の7万トンを超えると予\想さ
現代製鉄、「H形鋼の販価を引き下げない」
[2021-03-25]
現代製鉄がH形鋼の販価を引き下げないと明らかにした。3月に引き上げた販価を調整しないということである。 同社は3月8日付けでH形鋼の販価をトン当たり94万ウォンに引き上げた。大きな変数
現代製鉄、電炉事業本部に特殊鋼事業部を新設
[2021-03-25]
現代製鉄の4月1日付けの組織改編で、電炉事業本部に特殊鋼事業部が新設される。 電炉事業本部は李ゼファン専務が担当することになって、棒形鋼事業部と特殊鋼事業部があり、特殊鋼事業部は

区分
工場置
き場
流通価格
輸入流通

熱延
1060
920
880

厚板
1060
860
840

鉄筋
0
770
775

H形鋼
0
890
810

STS CR
0
3100
2750

* 首都圏1次流通、持ち込み基準ウォン/kg

* 単位:USD/MT



  Copyright(c) 2004 by KoreaSteelNews Co.,Ltd. All right reserved.
Contact webmaster@koreasteelnews.com for more information. / Tel: +82-10-7419-5259 / Fax: +82-2-716-9352