2019-10-14 10:28
お気に入りに登録
 

需給

市況/価格

流通/加工

国内動向

海外動向

設備技術

貿易通商

原料

その他

Home >>地域別>>需給
厚中板の輸入量が前月比やや増加
[2019-10-14]
今年最低を記録した8月の厚中板の輸入量が9月にははやや増加した。 本紙の調査によると、9月の厚中板の輸入量が11万4000トンで前月比0.9%増加したが、前年同月比24%が減少した。国別の輸
9月の鉄筋の輸入が不振
[2019-10-14]
9月の鉄筋の輸入量が8月に続いて不振であった。 9月の鉄筋の輸入量が5万605トンであって、中国産が2万8857トン、日本産が1万1171トン、台湾産が1万40トン、その他が2万トンであった。秋夕連
鉄スクラップの国内価格が3万ウォン以上下落する可能性も
[2019-10-11]
10月の国内の鉄スクラップ価格下落幅が16年6月以降の最大になると予\想される。 国内の鉄スクラップ価格指標であるKSSP(納品企業のヤード購入価格)が10月に入って大幅に下落した。11月の鉄
9月に中国産熱延鋼板の輸入量が増加
[2019-10-11]
9月の中国産熱延鋼板の輸入量が前年同月比大幅に増加した。 本紙の調査によると、9月の中国産熱延鋼板の輸入量が11万6693トンで前月比8.7%減少したが、前年同月比28.5%増加した。9月には秋
鉄筋の在庫が34万7000トンに減少
[2019-10-11]
電炉メーカーの10月初旬の鉄筋の減産が終わっているが、鉄筋の在庫が依然として高水準である。鉄筋の在庫がこの一週間で3万トン以上減ったが、価格が継続的に下落して、追加減産が必要であると
鉄スクラップの輸入届量が2ヶ月連続で20万トン以下
[2019-10-11]
電炉メーカーの鉄スクラップの輸入届量が2ヶ月連続で20万トンを下回っている。 9日現在の鉄スクラップの輸入届量が19万3899トンであった。これは9月末に比べ3万トンが増加したがことである
特殊鋼棒鋼の生産量と販売量が大幅に減少
[2019-10-10]
8月に特殊鋼棒鋼の生産量と国内販売量が大幅に減少した。 韓国鉄鋼協会によると、8月の特殊鋼棒鋼(ステンレス棒鋼込み)の生産量は14万6002トンで前月比25%減少して、販売量は15万6155トン
冷延メーカー、メッキ鋼板の販売不振で困惑
[2019-10-10]
冷延メーカーが困っている。原副資材の価格高騰で値上げを行ったが、これが市場に浸透していないためである。 これは需要停滞が主な原因である。ある冷延メーカーの関係者は「秋夕以降にも
上半期の世界のステンレス粗鋼生産量が前年同期比1.9%増加
[2019-10-10]
ISSFによると、上半期の世界のステンレス粗鋼生産量が2611万9000トンで前年同期比1.9%増加して、中国以外の生産量は減少した。 中国と韓国以外のアジアの上半期のステンレス粗鋼生産量は39
H形鋼の輸入量が大幅に減少
[2019-10-10]
9月にH形鋼の輸入量が大幅に減少した。 9月1-28日のH形鋼の輸入量が2万3460トンにとどまった。今年1-8月の月平均輸入量である4万1938トンに比べ大幅な減少である。マレーシア産が輸入された

区分
工場置
き場
流通価格
輸入流通

熱延
1060
720
660

厚板
1060
720
660

鉄筋
705
635
610

H形鋼
900
760
720

STS CR
0
2950
2500

* 首都圏1次流通、持ち込み基準ウォン/kg

* 単位:USD/MT



  Copyright(c) 2004 by KoreaSteelNews Co.,Ltd. All right reserved.
Contact webmaster@koreasteelnews.com for more information. / Tel: +82-10-7419-5259 / Fax: +82-2-716-9352