2019-12-06 03:21
お気に入りに登録
 

需給

市況/価格

流通/加工

国内動向

海外動向

設備技術

貿易通商

原料

その他

Home >>地域別>>国内動向
世亜CMP、アルミカラー鋼板の販売を強化
[2019-12-05]
世亜CMPがアルミカラー鋼板の販売を強化する。 業界によると、世亜CMPは来年の収益改善のため、アルミカラー鋼板の販売強化を計画している。同社は国内メーカーとして初めての輸出も検討して
現代製鉄、仁川第2圧延ラインで輸出用鉄筋を生産
[2019-12-04]
現代製鉄が12月4日から23日まで仁川工場の第2圧延ラインで4つのサイズの輸出用鉄筋を生産する。国内の需要停滞で国内供給量を減らすため、第2圧延ラインで輸出用を集中的に生産することである
ポスコのポスコSSビナの売却が迫る
[2019-11-25]
ポスコが12月にポスコSSビナの売却を決めると予\想される。ある業界筋は「ポスコが12月に理事会を開催して、ポスコSSビナの持ち分を売却する予\定であると知っている」と述べた。 ポスコは
鉄筋専業メーカーの第3四半期の業績が好調
[2019-11-22]
鉄筋の需要停滞にもかかわらず、鉄筋専業メーカー3社の第3四半期の業績が好調であったと評価される。第3四半期の業績を見ると、売上高は前年同期比減少したが、営業利益と当期利益が大幅に改善
CHQワイヤメーカーの業績が悪化
[2019-11-22]
冷間圧造用鋼線(CHQワイヤ)メーカーの第1-3四半期の業績が前年同期比悪化したことが分かった。 CHQワイヤメーカーの第3四半期の事業報告書によると、第1ー3四半期の売上高が合計1兆157億ウ
硬鋼線材メーカーの業績が改善
[2019-11-20]
硬鋼線材メーカーの第3四半期の営業利益が伸び悩んだことにもかかわらず、第1−3四半期の売上高と利益が改善された。 硬鋼線材メーカー4社の業績を集計した結果、第3四半期の売上高は前年同
東国製鋼、棒形鋼の輸出を検討
[2019-11-20]
東国製鋼が棒形鋼の販売が建設景気の低迷で不振で、輸出を積極的に検討している。 最近の業績不振で困っている東国製鋼は収益を維持しながら、新市場を開拓する計画である。同社は第3四半期
冷延業界、建材用鋼板の品質基準変動に準備
[2019-11-20]
冷延業界が建材用メッキ鋼板の品質基準変動について準備している。早ければ来年初め施行予\定である「建築物の避難‧防火構\造基準に関する規則」に対応するためである。 改正案は建築
電炉メーカーのロールマージンが大幅に改善
[2019-11-19]
電炉メーカーのロールマージンが第3四半期まで大幅に改善された。 電炉メーカー6社の今年の平均ロールマージンがトン当たり34万1000ウォンで前年比5万4000ウォン改善された。 メーカー別
現代製鉄、日本産鉄スクラップの地域別の入札を推進
[2019-11-18]
現代製鉄が日本産鉄スクラップの地域別の入札を推進している。 現代製鉄は最近、日本のサプライヤーと地域別の鉄スクラップの入札について議論した。日本の地域別の価格差が大きいことを考

区分
工場置
き場
流通価格
輸入流通

熱延
1060
690
620

厚板
1060
690
610

鉄筋
670
565
545

H形鋼
900
710
690

STS CR
0
2900
2450

* 首都圏1次流通、持ち込み基準ウォン/kg

* 単位:USD/MT



  Copyright(c) 2004 by KoreaSteelNews Co.,Ltd. All right reserved.
Contact webmaster@koreasteelnews.com for more information. / Tel: +82-10-7419-5259 / Fax: +82-2-716-9352