2024-07-25 05:58
お気に入りに登録
 

需給

市況/価格

流通/加工

国内動向

海外動向

設備技術

貿易通商

原料

その他

Home >>地域別>>設備技術
現代ハイスコのCAL、世界最高生産能力保有を立証
[2004-03-30]
現代ハイスコ順天工場の連続焼鈍設備(CAL:Continuous Annealing Line)hが商業生産5年ぶりで500万トンの生産記録を達成して世界最高の生産能\力を立証した。 ハイスコ関係筋は「1999年2
コークス、520万トン体制を整備
[2004-03-26]
光陽製鉄所の化成部は原料炭とコークス価格の暴\騰による原価上昇を最小化して操業を安定的に支援するためコークス520万トン体制を整備することにする。 高品質の鉄鋼製品の生産にはまず高
現代ハイスコ、クロムフリー鋼板の KTマーク獲得
[2004-03-19]
現代ハイスコは昨年国内最初開発に成功、現在量産中の一液型Cr-free耐指紋鋼板が KTマークを獲得したと18日発表\した。 KTマークとは国産新技術認定制度(Excellent Korean Technology)
ユニオンスチール、伝導性 Cr-Free EGに対してソニの承認獲得
[2004-02-13]
ユニオンスチールは既存Cr-Free鋼板に伝導性を加えたEGI鋼板が国内冷延メーカー最初で日本ソ\ニかの製品承認を得た。 ユニオンは「2年余の補完のすえ2月9日、日本のソ\ニから最終的に製
INIスチール、中国にH形鋼事業進出
[2004-02-11]
INIスチールが中国大連に1400億ウォンを投資、年産80万トン規模のH形鋼圧延工場を建設する。 INIスチールは10日證券取引所で企業説明会を開いて投資計画を発表\した。 INIスチールは
POSCO、普及形ステン439鋼開発
[2004-02-06]
POSCOが普及用ステンレス製品を開発、国内需要創出に積極だ。 POSCOはこのほどステンレス430鋼と比べ加工性、耐食性、耐熱性が優れて、価格が安いステンレス439鋼を開発して、全国の顧客
高麗製鋼、超伝導線材工場新設
[2004-02-04]
高麗製鋼が超伝導線材の勢作及び加工のため新規投資する。 同社は総174億ウォンを投じて大田市のテクノベリに超伝導線材工場を建設することを決めた。同社は「今度の投資は事業多角化の
世亜製鋼、圧延設備1四半期中に契約予定
[2004-01-30]
世亜製鋼がカラー鋼板素材の亜鉛めっき鋼板の供給不足を解決するため新規圧延設備(RM)と溶融亜鉛めっき設備(CGL)を増設するとMETAL BULLETINE が28日報じた。 同誌の記事によると年産30万
POSCO、 大々的な設備投資で国内景気を浮揚
[2004-01-29]
POSCOは今後5年間総投資費13兆5000億ウォンの80%を国内鉄鋼設備に投資、低迷している国内産業の活性化を図る方針だ。 POSCOは今年から2008年まで国内鉄鋼部門に総投資費の80%の10兆7000
CGL新増設ブーム…原料は如何なる
[2004-01-20]
溶融亜鉛めっき設備(CGL)の新増設がブームになっている。POSCOが No.6 CGLを増設することにして、現代ハイスコも順川工場に2006年稼働をメドで年産40万トン規模のNo.2 CGLを増設する計画で

区分
工場置
き場
流通価格
輸入流通

熱延
0
850
800

厚板
0
1060
790

鉄筋
0
800
790

H形鋼
0
1115
990

STS CR
0
5700
5600

* 首都圏1次流通、持ち込み基準ウォン/kg

* 単位:USD/MT



  Copyright(c) 2004 by KoreaSteelNews Co.,Ltd. All right reserved.
Contact webmaster@koreasteelnews.com for more information. / Tel: +82-10-7419-5259 / Fax: +82-2-716-9352