2017-04-30 23:46
お気に入りに登録
 

Home >> 全体記事
鉄筋の在庫がさらに減少
[2116-11-07]
電炉メーカー7社の鉄筋の在庫が10月末現在に27万8000トンで前月と横ばいであった。通常、週初と週末の在庫の差が3万トン前後である。9月末の在庫調査の時点が週末であって、10月末の在庫は週明
現代製鉄、日本産鉄スクラップのビッド価格を引き下げ
[2017-04-28]
現代製鉄が日本産鉄スクラップのビッド価格を引き下げている。 現代製鉄は27日に開かれた入札で、トン当たり2万5500円(H2、FOB)のビッドを出した。これは前週比1000円を引き下げたことである
[イッシュ] 鉄鋼業界にスマート戦争が加速
[2017-04-28]
ポスコと現代製鉄など国内鉄鋼メーカーが4次産業革命に備えるために積極である。 ポスコの権五俊会長は3月末に開かれたCEOフォーラムで「Smartizationのためにすべての系列会社にスマートフ
北米のステンレス鋼メーカー、5月のサーチャージを引き下げ
[2017-04-28]
北米の主要ステンレス鋼メーカーが原料価格の下落で5月のニッケル系ステンレス鋼のサーチャージを引き下げた。これで北米のNAS、AKスチール、ATIなどの5月に304ステンレス鋼のサーチャージがポ
東国製鋼、一時的に鉄スクラップを契約購入
[2017-04-28]
電炉メーカーが久しぶりに鉄スクラップの契約購入を行っている。これは価格下落が始まった3月第3週以降の1ヶ月半ぶりのことである。 東国製鋼が一時的に鉄スクラップの購入価格をトン当た
生鉄と重量の価格が逆転
[2017-04-28]
生鉄の価格が1ヶ月以上に低評価されている。一部納品企業が鉄スクラップの販売不振で生鉄を重量Aより低い価格で販売している。 ある電炉メーカーの関係者は「生鉄とギロチンの価格差が最大
中国のステンレス鋼の国内価格が大幅に下落
[2017-04-28]
中国のステンレス鋼の流通価格が4月最終の週にも下落を続けている。販売不振と在庫増加で資金繰りが厳しくなっている企業が増えているためである。これでメーカーの販売量が減少して、流通価格
ポスコ系ステンレス鋼コイルセンターの5月初めの休み日程
[2017-04-28]
ポスコ系ステンレス鋼コイルセンターが5月初めの休み期間に出荷を停止する。 グァンイル金属と吉山スチール、DKCSは5月1、3、5、6、9日に休んで、2日、4日、8日には勤務する。新光は1日に勤
H形鋼メーカーが5月の販価に苦心
[2017-04-28]
H形鋼メーカーが5月の販価について苦心している。 現代製鉄と東国製鋼の5月のH形鋼の販価がまだ決められていない。4月の予\想が大きく外れて、負担が大きくなったためである。両社は近いうち
中国産鉄筋の価格競争力が回復
[2017-04-28]
中国産鉄筋の価格競争力が回復されている。 4月末現在の国産と中国産鉄筋の価格差がトン当たり6万ウォン程度である。これは昨年10月下旬以降の6カ月ぶりの最大で、第1四半期の平均であるトン

区分
工場置
き場
流通価格
輸入流通

熱延
1060
750
620

厚板
1060
620
530

鉄筋
635
630
580

H形鋼
840
710
660

STS CR
0
2650
2450

* 首都圏1次流通、持ち込み基準ウォン/kg

* 単位:USD/MT



  Copyright(c) 2004 by KoreaSteelNews Co.,Ltd. All right reserved.
Contact webmaster@koreasteelnews.com for more information. / Tel: +82-10-7419-5259 / Fax: +82-2-716-9352