2019-11-22 22:18
お気に入りに登録
 

需給

市況/価格

流通/加工

国内動向

海外動向

設備技術

貿易通商

原料

その他

Home >>地域別>>市況/価格
[11-3 KSSP] 13週ぶりに強持合い
[2019-11-22]
納品企業のヤード購入価格であるKSSP(Korea Steel Scrap Price)の下落が13週ぶりに止まった。今週のKSSPは嶺南地域で小幅上昇して、首都圏では横ばいであった。事実上に横ばいであったと判断さ
現代製鉄、12月のH形鋼の販価を引き上げ
[2019-11-22]
現代製鉄が12月のH形鋼の販価を引き上げると明らかにした。まだ具体的な販価は決められていないが、流通価格がトン当たり70−71万ウォン(小型、定期決済)に下落したことを考慮してことであると
電炉メーカーの鉄筋の販売収益が赤字
[2019-11-22]
電炉メーカーの鉄筋の販売が赤字になっていると推定される。鉄筋び価格が大幅に下落していることにもかかわらず、鉄スクラップ価格の下落で黒字を出してきた電炉メーカーの鉄筋の収益が鉄スク
南部地域の流通業界、鉄スクラップ価格の上昇を期待
[2019-11-22]
南部地域の鉄スクラップの流通業界が揺れている。大韓製鋼と東国製鋼浦項製鋼所の購入価格の引き下げが撤回され、価格上昇を期待していることである。 ある流通業界筋は「鉄スクラップ価格
中国メーカー、今週にも熱延鋼板のオファー価格を引き上げ
[2019-11-21]
中国メーカーが今週にも熱延鋼板のオファー価格を引き上げた。これで中国メーカーの熱延鋼板のオファー価格がトン当たり465−470ドル(SS400、CFR)になった。これは2週連続のトン当たり5ドルの
冷延単圧メーカーの第3四半期の業績が不振
[2019-11-21]
第3四半期の冷延単圧メーカーの原価負担が前年同期比緩和された。販価は国内向けが下落して、輸出は上昇した。 上場冷延単圧メーカー3社(東国製鋼、東部製鉄、ポスコ鋼板の第3四半期の事業
東国製鋼の浦項製鋼所、鉄スクラップを特別購入
[2019-11-21]
東国製鋼の浦項製鋼所が20日付けで鉄スクラップのトン当たり1万5000ウォンの特別購入を行う。 今回の特別購入は嶺南地域の電炉メーカーの購入価格との差が大きくなったことが原因であると見
中国産熱延鋼板のオファー価格が前週比5ドル上昇
[2019-11-21]
構\造管業界の関心が中国産熱延鋼板のオファー価格に集まっている。 11月第2週の中国産熱延鋼板のオファー価格が上昇したことに続き、今週にもトン当たり5ドルが上昇した。これで構\造管業
ステンレス鋼のオファー価格がいくらまで下落するか?
[2019-11-21]
中国とインドネシア、台湾産ステンレス鋼のオファー価格が弱基調で推移している。これはニッケル価格の下落が原因である。 業界はアジアの主要メーカーのオファー価格の引き下げが年末まで継
ポスコ、熱延鋼板のGS鋼の値上げを推進
[2019-11-20]
ポスコが厚板に続き、熱延鋼板のGS鋼の値上げを推進している。 ポスコは熱延コイルセンターにGS鋼の販価をトン当たり1−2万ウォン引き上げる計画であると明らかにした。企業や製品によって

区分
工場置
き場
流通価格
輸入流通

熱延
1060
690
620

厚板
1060
690
610

鉄筋
670
605
575

H形鋼
900
740
690

STS CR
0
2950
2450

* 首都圏1次流通、持ち込み基準ウォン/kg

* 単位:USD/MT



  Copyright(c) 2004 by KoreaSteelNews Co.,Ltd. All right reserved.
Contact webmaster@koreasteelnews.com for more information. / Tel: +82-10-7419-5259 / Fax: +82-2-716-9352