2024-02-21 17:24
お気に入りに登録
 

需給

市況/価格

流通/加工

国内動向

海外動向

設備技術

貿易通商

原料

その他

Home >>地域別>>設備技術
現代製鉄 ポスコケミカルと高炉改修のMOUを締結
[2022-12-12]
現代製鉄は9日、ポスコケミカルと唐津製鉄所の高炉改修のための耐火物事業MOUを締結した。 今回のMOUの締結は10年に稼働が始まった唐津第1高炉の改修で、耐火物の供給と解体作業に協力する
Liberty Steel 唐津電炉熱延設備を移設
[2022-12-01]
英国のLiberty SteelがKGスチールと唐津電炉熱延設備の売買契約を締結して、同設備をルマニアのガラティ製鉄所に移設する計画であると知られている。 外信によると、東部製鉄が導入した唐津
英国のLiberty Steel 来年上半期に唐津電炉熱延設備の稼働可否を決定
[2022-11-30]
KGスチールの唐津電炉熱延設備が英国のLiberty Steelに売却され、国内での稼働可否が来年上半期に決められると予\想される。 電炉熱延設備の売却額が906億5760万ウォンであるが、これにはオ
KGスチール AIでCGLの温度を制御
[2022-11-29]
KGスチールが連続溶融亜鉛メッキライン(CGL)の加熱炉の温度を人工知能\(AI)システムで自動制御すると明らかにした。 KGスチールは28日、インイジとKG ICTとの協業で「連続溶融亜鉛メッキライ
ポスコ 浦項第1厚板工場を閉鎖
[2022-11-29]
ポスコが浦項第1厚板工場を閉鎖する計画である。これは台風による浸水と関係がないと同社は明らかにした。 ポスコは9月初めに発生した台風による浦項製鉄所の浸水以降に設備を復旧している。
ポスコ 年内に浦項EGLの稼働を再開
[2022-11-28]
ポスコ浦項製鉄の第2EGLが復旧され、再稼働に入ったと知られている。 同設備の年産能\力は年産30万トンで、製品の品質が浸水前の水準になったと知られている。ポスコは年産32万トンの第1EGL
KGスチールの電炉熱延設備の売却が確定
[2022-11-28]
KGスチールが唐津の電炉熱延設備を906億ウォンで英国のLiberty Steelに売却することが確定された。 KGスチールは25日、電炉熱延設備を906億5760万ウォンでLiberty Steelグループのルマニア
ポスコのステンレス鋼設備の復旧状況は
[2022-11-28]
ポスコのステンレス鋼設備の復旧が速まっている。 ポスコは23日、18つのステンレス鋼圧延工場の中で7つの工場が再稼働に入ったと明らかにした。年内に15つの工場が再稼働になって、年内にす
ポスコ浦項製鉄所 原料埠頭の荷役設備の交替
[2022-11-23]
ポスコ浦項製鉄所が操業効率向上のため、大半の設備を交替している。 ポスコ浦項製鉄所は11日、原料埠頭の3基の老巧された荷役設備の交替作業を終えた。500億ウォンが投じられた今回の工事
KGスチールの唐津電炉熱延設備の稼働が関心事
[2022-11-14]
KGスチールの唐津電炉熱延設備が国内で稼働されるとの見方が大勢で、業界はこれについての対策が必要であると見ている。 国内で年間250万トン以上の熱延鋼板の生産量が増える場合、国内では

区分
工場置
き場
流通価格
輸入流通

熱延
0
850
800

厚板
0
1060
790

鉄筋
0
800
790

H形鋼
0
1115
990

STS CR
0
5700
5600

* 首都圏1次流通、持ち込み基準ウォン/kg

* 単位:USD/MT



  Copyright(c) 2004 by KoreaSteelNews Co.,Ltd. All right reserved.
Contact webmaster@koreasteelnews.com for more information. / Tel: +82-10-7419-5259 / Fax: +82-2-716-9352