2024-02-21 17:54
お気に入りに登録
 

需給

市況/価格

流通/加工

国内動向

海外動向

設備技術

貿易通商

原料

その他

Home >>地域別>>設備技術
世亜製鋼、めっき工程の運営について検討
[2021-12-29]
世亜製鋼がめっき工程の運営について検討している。これは23年から同じ事業場での下請けの禁止が含まれている産業安全保健法の施行が予\定されているためである。 産業安全保健法によると、
東国製鋼、設備投資を検討
[2021-12-21]
東国製鋼が鉄筋設備増強を検討していると知られている。 新しい企業が鉄筋市場へ参入している中で、他の電炉メーカーが設備投資を積極的に検討している中で、東国製鋼が競争力強化のための
ポスコの浦項製鉄所の第1冷延工場の改修が終了
[2021-12-15]
ポスコは13日、浦項製鉄所の第1冷延工場の改修が終わったと明らかにした。 浦項製鉄所は11月29日に第1PCM(Pickling & Tandem Cold Mill)の改修を終え、12月10日には第1CAL(Cotinuos Aneelin
KG東部製鉄、鉄筋市場への参入を保留
[2021-12-14]
KG東部製鉄が鉄筋市場への参入を保留したことが分かった。 業界によると、KG東部製鉄が鉄筋市場への参入検討を中断して、12月1日に関連TFTを解体した。同社は電炉の売却が容易でなく、鉄筋市
現代製鉄、来年に仁川鉄筋工場の改修を確定
[2021-12-13]
現代製鉄の仁川鉄筋工場の改修が来年に決められると予\想される。 同社の関係者によると、仁川鉄筋工場の改修についての社内の議論が活発で、戦略投資の順位が優位で、来年に決められると予\
YKスチール、23年上半期に唐津に移転
[2021-12-13]
YKスチールが鉄筋工場の唐津移転を半年延期したと知られている。 業界によると、YKスチールは釜山に位置して工場を23年上半期まで唐津の石門産業団地に移転する計画である。これは当初の目
ポスコ、電炉の導入を検討
[2021-12-07]
ポスコが2025年以降に浦項と光陽製鉄所に電炉を1基ずつ導入することを検討している。 ポスコの今回の電炉の導入検討は「2050炭素中立ビジョン」の達成のためで、ポスコは17−19年の7880万ト
12月の鉄筋工場の稼働中止日が100日以上
[2021-12-02]
12月の鉄筋の生産量が冬季の不需要期入りに減少すると予\想される。 業界によると、12月の電炉メーカー7社の鉄筋工場の稼働中止日数が111日である。稼働中止日数が100日を超えることは7月以
電炉メーカーの鉄筋工場の稼働中止日数が増加
[2021-11-04]
11月の電炉メーカーの鉄筋工場の稼働中止日数が10月に比べ10日以上増加する。需給難で夏期に遅らせた現代製鉄仁川工場の設備補修で、稼動中止日数が増えることである。 業界によると、今月
ポスコの第4四半期の冷延工場の設備補修計画は?
[2021-10-29]
ポスコが今月中旬から年末まで冷延工場の設備を補修する。 本紙の取材によると、ポスコは浦項工場の第2PCM(酸洗冷間圧延ライン)を10月15日から21日まで補修した。これに続き、10月中旬から1

区分
工場置
き場
流通価格
輸入流通

熱延
0
850
800

厚板
0
1060
790

鉄筋
0
800
790

H形鋼
0
1115
990

STS CR
0
5700
5600

* 首都圏1次流通、持ち込み基準ウォン/kg

* 単位:USD/MT



  Copyright(c) 2004 by KoreaSteelNews Co.,Ltd. All right reserved.
Contact webmaster@koreasteelnews.com for more information. / Tel: +82-10-7419-5259 / Fax: +82-2-716-9352