2018-01-17 09:56
お気に入りに登録
 

Home >> 全体記事
中国の鉄鋼産業、産業集中度を高める計画
[2018-01-12]
9日に開かれた中国山西省の鉄鋼産業構\造調整基金発足式で、中国全国工商連合会冶金業商会と建竜重工集团の張志祥会長は「中国の鉄鋼産業の解決すべき問題の一つは産業集中度が過度に低い
嶺南地域の生鉄Bと生鉄Aの価格が逆転
[2018-01-12]
嶺南地域で生鉄Bと生鉄Aの価格が同じであるか又は逆転されたと見られる。 同地域の流通業界筋は「鋼板類・特殊鋼メーカーの生鉄Bの購入価格がトン当たり43万ウォンに迫っているが、生鉄Aの価
硬鋼線材の輸出量と輸入量が増加
[2018-01-12]
昨年に硬鋼線材の輸出量と輸入量がすべて前年比増加したと推定される。 韓国鉄鋼協会によると、昨年1-11月の硬鋼線材の輸出量は4万7869トンで前年同期比0.9%増加して、輸入量は3万6127トン
〔1-2 KSSP] 鉄スクラップの価格が再び大幅に上昇
[2018-01-12]
鉄スクラップ価格が上昇した。今週のKSSP(納品企業のヤード購入価格)は首都圏と嶺南地域の両方で上昇した。今週には上昇幅が大きく、価格がさらに上昇する可能\性が高い[編集者注] <棒形鋼用
中国の鉄筋の先物価格が1日間で5%上昇
[2018-01-12]
中国の鉄鋼材の国内市場が安定になっている中で、新しい変数が登場した。10日に中国の1月渡し鉄筋の先物価格が前日比トン当たり203元(約5%)が上昇したことである。 しかし、5月と10月渡し鉄
現代製鉄、浦項工場の鉄スクラップの購入価格を引き上げ
[2018-01-12]
現代製鉄が11日付けで浦項工場の鉄スクラップの購入価格をトン当たり1万ウォン引き上げた。 <電炉メーカーの購入価格引き上げの内容> 09日:ポスコ(1万ウォン) 11日:YKスチール(1万
嶺南地域と首都圏の鉄スクラップの価格差が依然として大きい
[2018-01-12]
首都圏と嶺南地域の電炉メーカーの鉄スクラップの購入価格の差が依然として大きい。 嶺南地域の電炉メーカーの重量Aの購入価格がトン当たり40−41万ウォンであると知られている。遠距離地域
輸入業界、ステンレス鋼の販価を引き下げ
[2018-01-12]
ステンレス鋼の流通価格が再び乱れている。一部輸入企業がステンレス鋼の販価を引き下げて、これが市場に影響を与えると予\想される。 ニッケル価格がトン当たり1万2000ドル台半ばの横ばいで
今年初の日本産鉄スクラップの輸入契約が失敗
[2018-01-12]
新年早々、日本産鉄スクラップの輸入価格上昇の可能\性が高まっている。 輸入業界によると、最近にある嶺南地域の電炉メーカーが日本産鉄スクラップの輸入契約を推進したが、価格についての
[イッシュ] 電炉メーカーの22日付けの鉄スクラップ購入価格の引き下げが成功する?
[2018-01-12]
南部地域の電炉メーカーが11日付けで購入価格の引き上げを発表\した時、22日付けで購入価格を引き下げるとで言及した。しかし、流通業界の考えは異なっている。価格下落の可能\性が低いと見てい

区分
工場置
き場
流通価格
輸入流通

熱延
1060
800
780

厚板
1060
720
670

鉄筋
715
685
660

H形鋼
840
770
725

STS CR
0
2600
2450

* 首都圏1次流通、持ち込み基準ウォン/kg

* 単位:USD/MT



  Copyright(c) 2004 by KoreaSteelNews Co.,Ltd. All right reserved.
Contact webmaster@koreasteelnews.com for more information. / Tel: +82-10-7419-5259 / Fax: +82-2-716-9352