2018-01-17 09:55
お気に入りに登録
 

Home >> 全体記事
台湾のステンレス鋼メーカー、1月の販価を据え置き
[2018-01-12]
台湾のユスコと唐栄が1月のステンレス鋼の国内販価を据え置きにした。昨年12月末以降にニッケル価格が再びトン当たり1万2000ドル台に乗ったことにもかかわらず、中国の国内価格と輸出価格の下
高炉メーカーの熱延鋼板の販売量が前年比大幅に減少
[2018-01-12]
17年の高炉メーカーの熱延鋼板の販売量が前年比大幅に減少した。海外各国の輸入規制強化による輸出量の減少が原因である。ただし、国内販売量は需要低迷にもかかわらず、積極的なマーケティング
中国の河北省、今年にも600万トンの鉄鋼生産設備を閉鎖
[2018-01-11]
中国の最大の鉄鋼材の生産地域である河北省が今年にも鉄鋼生産設備の閉鎖を継続する方針である。 河北省の環境保護庁は「18年にも環境保護政策の一環として鉄鋼生産設備を600万トン閉鎖する
H形鋼メーカーの設備補修が2月に集中
[2018-01-11]
H形鋼メーカーの生産ラインが2月中旬から休止する。 本紙の調査によると、H形鋼メーカー2社が5つの生産ライン(圧延)を2−3月に平均12日間で補修する計画である。ほとんどが旧正月連休を含ん
中国の沙鋼、 鉄スクラップの購入価格を引き下げ
[2018-01-11]
中国の最大の鉄スクラップの消費者である沙鋼が9日付けで購入価格をトン当たり30元引き下げた。これで同社の購入価格はトン当たり2560元(厚さ6mm以上、税込み)になった。
米東部地域の鉄スクラップのコンポジット価格が大幅に上昇
[2018-01-11]
米東部地域の鉄スクラップのコンポジット価格がトン当たり326.83ドル(HMS No.1)で前週比30ドルが上昇した。これは14年11月のトン当たり342.5ドル以降の最高で、15年2月第1週以降の初めのトン当
鉄筋の流通価格が年明けに下落
[2018-01-11]
鉄筋市場が凍りついている。年明けに価格上昇の期待がなくなっているうえ、気象悪化の悪材料が重なって、鉄筋の取引が中断の状態である。 現在の国産鉄筋の1次流通価格はトン当たり68万ウォ
国内高炉メーカー、熱延鋼板の輸入対応を強化
[2018-01-11]
ポスコと現代製鉄が今年にも熱延鋼板の輸入対応を強化すると予\想される。輸出環境が悪化して、国内市場シェアを高める方針であると把握される。 ポスコは18年の熱延部門の重点事業戦略の一
SMM、今年にニッケルの供給が約5万トン不足
[2018-01-11]
Shanghai Metal Marketは今年にニッケルの供給量が約5万トン不足すると予\想した。 またLMEニッケルの在庫減少とステンレス鋼市場の安定した成長を考えると、今年のニッケルの平均価格がト
冷延業界、亜鉛価格の上昇による収益低下を懸念
[2018-01-11]
冷延業界が収益確保のために値上げを行っている中で、亜鉛塊の価格上昇の可能\性が高まっている。 韓国非鉄金属協会が発表\した1月の亜鉛塊のリスト価格がトン当たり386万8000ウォンで前月比

区分
工場置
き場
流通価格
輸入流通

熱延
1060
800
780

厚板
1060
720
670

鉄筋
715
685
660

H形鋼
840
770
725

STS CR
0
2600
2450

* 首都圏1次流通、持ち込み基準ウォン/kg

* 単位:USD/MT



  Copyright(c) 2004 by KoreaSteelNews Co.,Ltd. All right reserved.
Contact webmaster@koreasteelnews.com for more information. / Tel: +82-10-7419-5259 / Fax: +82-2-716-9352